インドレストラン サーガルいらっしゃいましぇ〜
ごあいさつメニューアクセスマップコック自己紹介よくあるご質問リンク集
RAMAのBLOGインドと私の出会い東京での生活再び インドへその後のインド
  

【 HOME > 再び インドへ 】

再び インドへ

京都でサーガルを新たにスタートした私達。
無事にオープン出来た事を神様に感謝し、
インドにお礼参りに行こうと
リシケシュとハリドワラにお礼参りに行く事を
8月に決めたのでした。

1995年8月の事です。

9日の滞在で、政府観光局で買い物したり、ラールキラー見たり、
デリーを満喫し、いよいよ、明日はリシケシュだという前夜、
コロルバーグに出かけました。金の指輪が欲しいかなと思ってとある
店で品物を見ていると、その時の私の旅の友だったチャンダーが、
明日のリシケシュ行きではドライバーを変えると言い出した。

私達はインド滞在中 車を貸し切っていたのです。
日本と違いレンタカーというシステムがまだなかったので、
車を頼むとドライバーもついてきます。いや、ドライバーを
頼むと車がついて来るのかな??

料金体系が8キロ以内、8時間以内という設定なので、
8キロ越えても超過料金
1キロしか走らなくても8時間越えたらやはり超過料金
何処でもドライバーは用事が済む迄待ってくれる。
ちょいリッチな気分になりますな。
私達が店を出ると車がスーーーっと出迎える訳です。

私達が頼んでいたドライバーの会社は距離があり、
うちに迎えに来るだけで時間が1時間かかる。
その時間と距離のお金が惜しいとチャンダーが言い出した。
(それも料金に含まれるので)






私は人よりも第六感が働くとかそういう事はないのだけど、
その時だけは何だかとても嫌ーーーーーーーな予感がした。

どうしても、ドライバーを変えるのが嫌だった。

だから、チャンダーにお願いしました。
頼むからお願いだから、ドライバーを変えるのをやめてくれ。と。

ところが、もう外は真っ暗なのに、ドライバーが見つかった!!
ウメッドの声が!

お願いドライバーを変えないで!!私の叫びもむなしく、
ドライバーは変わってしまったのでした。






朝の4時にデリーを出発!(予定)
ところが、ドライバー 現れず。
おめー遅刻すんなよ。
ああ、嫌な予感はこれかと思いましたね。
ほら、ドライバー変えんかったら、こういう事なかったのに。とか?
でも、、、私の心のもやもや消えず。。




遅れてやって来たドライバーの車に乗り、
まずはハリドワラへ。ドライバー ちょっと涼しげな
男前で、サービスもよく、インドで初めての熱帯魚のいる
ドライブインで昼食ハンバーガーを食べる 感激。
綺麗な庭もあった。
だが、ウメッドがドライバーを呼んで食事をしようというのに、
私は拒否。ドライバーはやさしいいい人とは思うのだけど。

前日迄のドライバーとはレストランで共に食事をし、
写真も一緒に撮っていたのに、今回は全部拒否。

何か分からない 嫌な予感。








ハリドワラに行き、リシケシュでお参りし、帰途につく。
随分遅くなり、疲れていた私は車の中でぐっすり寝込んでしまった。



















ガシャーーーン!!と音がして、はっと目を開けたら、
車のフロントガラスが割れ、ガラスが全部、私に向かって
飛んで来ている様な気がした。ベンチシートはガクッと
はずれ、車の中、バラバラに。

ぶつかった!!








ぶつかったと思っているのに、私の頭の中はカメラはどこ???
カセットテープは??取って来たガンジスの水は??醜い私。
皆逃げてるのに、私だけが車の中の荷物を漁って外へ。





同乗していたウメッドの子供が吐いていて、
私は目の上が切れていた。(これ位なら大丈夫)
自分自身についてはそう思った。
チャンダーは鼻から血をダラダラ流していた。
前の車は火を噴き、通行人の男達が砂を
かけて、火を消していた。火をふいてる車にはドライバーも
助手席の男も挟まっていた。この車は玉突き事故の真ん中。

玉突き事故の最後が私達。

私が衝撃で目を覚ました時には、うちのドライバーは
いなかったので、アイツ、先に逃げたな。と思いました。
何と無責任な!軽く憤り。





ウメッドの話ではうちの車と火を噴いてる車がカーチェイスを
やっていて、うちが抜かれた!と思った途端、対向車の
トラックが突っ込んで来たらしい。
丁度、抜かれたから私達は助かった!





当時、携帯電話はないので、通りがかりの公営バスに乗り、
近くの病院に行く事になる。私達けが人なのに、野次馬に
道を聞く。



と、トボトボ私達6人が歩いていると、
私の足首をぐっとつかむ者がいる。
キャーーー!と驚いて見ると、
うちのドライバー !!

ブチャオ! ブチャオ!(助けて!助けて!)
と言ってる!!

ドライバーがいた!!
みんな!うちのドライバーがいた!!と私。

私より先に歩いていた、ウメッドやチャンダーが
かけ足で戻る。

ドライバー すごく綺麗な顔をして、血も一滴も出ていないし、
傷もない。でもうつぶせのまま、助けてーと言って
顔をあげてる。立てない。

多分 死ぬ。

その時そう思いました。
綺麗だけど、内蔵がやられた。そう思いました。

あの初対面の何とも言えない涼しげな感じ。
死相だったのだろうか。





数時間後、ドライバーは天に召されました。
25歳の若さで1歳の赤ちゃんがいたらしいです。
ドライバーとの思い出がしかし、私には残りませんでした。
ご飯も一緒に食べなかったし、写真も撮らなかった。

すごい。
あのもやもやはこの事だったとしか思えない。








この事故で、私はすごく悩む事に。
もしも、私がリシケシュに行きたいと言わなければ、
ドライバーは死ぬ事はなかったのではないか。

1人乗るのも、6人乗るのもお金同じだし。と同乗した
ウメッド一家は傷を負い、私を恨まないかなと。







ウメッドは私にこう言いました。
神様は一人、一人に物語のページを書いていて、
ドライバーの物語はあの日で終わっていたのだよ。

もしも、マンジート(私)と行かなくても、
別の場所で、彼の物語は終わっていたよ。

インドの旅はいつも私に何かを教える。
そういう気がします。





あの事故から丁度10年    2006年8月31日

  
 
再び インドへ
インドレストラン
サーガルのらあまです。

このコラムは1995年にインドへ行ったときのものです。



インドレストラン サーガル 本格インドカレー


Copyright © 2005-2011 Indian Restaurant Sagar. All Rights Reserved.
Produced by Press328.com